(このページは現在作成途中です)

 

ヒプノ赤ちゃん 〜女性の潜在能力を活かした自然出産法〜

 

 

「ヒプノ赤ちゃん」とは?

「ヒプノ赤ちゃん」は自己催眠法、リラクセーション、呼吸法、イメージ法などを用いて、女性の体に本来備わっている自然出産力を引き出す出産教育プログラムです。

女性には正常で自然で健康な出産をする体の機能が備わっています。ハイリスク妊娠の場合を除いて、ほとんどの妊婦さんは過酷な痛みを体験することなく、穏やかで落ち着いた出産が可能なのです。健康な女性の体は、どのように妊娠し、お腹の中の赤ちゃんを育んでいくかを本能的に知っているように、どうやって赤ちゃんを産めばいいのかも分かっています。

「ヒプノ赤ちゃん」は、女性たちが自分自身の内にある能力に協調し、穏やかで快適かつ力強く喜びに満ちた出産を手助けするものです。

 

 

分娩中と催眠状態について

分娩中に催眠状態にある場合、周りの会話は聞こえていますし、それに参加したいと思うかもしれませんし、思わないかもしれません。すっかりリラックスしていますが、同時に完全にコントロールしているのです。自己催眠になじみのない人にとっては、これほどまでに深くリラックスした状態に入っているのは何らかの薬を飲んだためだと見受けられるかもしれません。分娩中も自分の子宮の波動運動(ヒプノ赤ちゃんでは陣痛とは言いません)を意識していますが、それは心地よい体験で、自分の望むときにリラクセーションの状態を中断することが可能ですし、それをまた再開することも可能です。

 

 

お産が進み、出産間近になると、さらに自分の母体と赤ちゃんのところへ深く入り、一緒に協調して出産を進めていきます。これにより赤ちゃんも立派な出産パートナーであるということを身体的に理解することでしょう。

自分の体に同調していると、自分と赤ちゃんが具体的に今何をしているのかを感じ取り、理解するのです。そして娩出期にはどの体勢が一番快適かを母体と赤ちゃんは知っており、その自然の能力を使って、心と体を完全に調和した状態にうまく持っていくことができるようになります。

 

 

特別なリラクセーションの条件づけと出産の技法

「ヒプノ赤ちゃん」では、出産を経験するにあたって自分の体と赤ちゃんとつながり、協調することができるように、特別なリラクセーションの条件づけと出産の技法を習得します。これらの技法を繰り返し練習することによって、すぐにこのリラクセーションへ到達することができるようになり、分娩の間も自分が望む限りその状態を維持していくことが可能となります。

自分に与える暗示が自分の生理学的経験に有効に作用するという心のレベルに到達できるように習得するところに、自己催眠の価値があります。「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナーは、妊婦さんが平穏と快適さだけに集中できるこのレベルに到達するための手助けをします。

 

 

幸せの相乗効果

「ヒプノ赤ちゃん」で習得したスキルは、子どもの出産においてはもちろんのこと、人生のさまざまな面においても適用することができます。リラクセーションの準備に費やした数か月間により、日々の状況に対処する方法においてもプラスとなり、夫婦関係においても、お互いにどう付き合っていくかということについて、好ましい影響を受けます。

また、リラクセーションは赤ちゃんにとっても沈静効果があり、出産後の赤ちゃんの成長にも影響を与えます。アメリカのヒプノバーシングで生まれた子どもたちに共通してみられる傾向として、「ゆったりとしている」「自然で温厚な性格」であると多くの親が報告しています。

 

 

ヒプノ赤ちゃんの講座内容

講座は合計12時間で、以下の内容を学びます。

• 否定的な感情が身体に与える影響

• 痛みの原因とそれを除去・軽減する方法

• 望みどおりの出産に向けた心と身体の準備

• 子宮筋の働きと波動運動

• 人工的な誘発や会陰切開、帝王切開の回避

• 深いリラックスに達する方法

• あなたの出産計画を準備すること

• 医療介護人とのコミュニケーション

• あなたのお腹にいる赤ちゃんとの対話

• 父、母、になっていく心の準備

• 身体のなかにある自然な鎮痛剤を活用する

• 呼吸で赤ちゃんが下がろうとする動きを助ける

• 出産前、分娩中、出産後の赤ちゃんとの絆づくり

 

*ヒプノ赤ちゃん説明 日本ヒプノ赤ちゃん協会ヒプノウーマンより抜粋

 

JHAI認定セラピスト ヒプノ赤ちゃんプラクティショナー クルーファー美保